11. 和田、醍醐丸      2005(平成18)年4月23日

中央沿線近間の山。藤野駅発のバスは終点の和田まで。以下は、一軒家を経て尾根にあがったあとは東に歩いて醍醐丸(867b)。ここからは北に吊尾根を市道山へと向かったものの、途中から、もう、この辺で終りにしようと強引に右下の醍醐川の谷におりた。あとは車道を関場まで歩き、陣馬高原下から来るバスを捕まえて八王子へでた。和田の集落も一軒家も春爛漫。ツツジがことのほか美しかった。醍醐丸からの大岳山は、これもまた、春の眺め。
 
補記 

1. 今後、冒頭に「中央沿線近間の山」と記す場合がしばしばでてくると思うが、そのほとんどは藤野、上野原下車の低山で、遠くとも梁川、四方津辺りまでの山だと、ご承知おきください。

2. この前年、2004年の暮れから、私はフィルムカメラに代わってデジカメを使い始めた。今更重い一眼レフでもないと簡単なコンパクトデジカメを選び、最初に買ったのはオリンパスμ40という500万画素のもの。その後はリコーR8などを経て5年前からオリンパスのTG-625に落着いている。もう、この先、買い変えることはないだろう。ちなみに、そのオリンパスはロッジ山旅ご主人が通信販売で買ってくれたもので11920円。父親の遺品のベビーパール(これはタダ)以来、これまで数多くの機種を使ったが、記憶にある限りその中での最安値のカメラ。よく写る。 (2018.8)
 
                                    横山厚夫さんのページトップへ   
 ロッジ山旅トップへ