90. 双子山、天祥寺原
      1983(昭和58)年10月29.30日

これは本欄「2.八子ヶ峰 1983(昭和58)年10月28日」に続く2日間、大河原峠‐双子山‐双子池ヒュッテ泊‐天祥寺原‐竜源橋‐蓼科温泉郷と歩いたときの3枚。同行は1970年夏のスイス旅行で一緒だった二人だが、今となっては、そのお一人はすでに彼岸に渡り、あれこれと思い出すばかりである。



上 大河原峠から登って双子山にかかる辺り。広々とした尾根は「また、来たいねぇ」の一言。これ以後は当ホームページご主人の同行を得るなどして、2回ばかり「また、来る」ことができた。

中 最新のヤマケイ付録の『山の便利帳』には双子池ヒュツテとあり、「6500円(大部屋)~7500円(個室)」となっているが、これは食事付の料金だろうか。

下 天祥寺原続きの道では正面に蓼科山が大きかった。

(2015.7)

中、下の写真はクリックすると大きくなります

横山厚夫さんのちょっと昔の山 カラー篇トップに戻る