85. 北八ツ     
         1985(昭和60)年6月3、4日

ちょうど30年前の北八ツ。初日は高尾発6時15分の鈍行に乗り、茅野からバスで渋温泉にあがったあとは、高見石‐中山‐中山峠と歩いて黒百合ヒユッテ泊まり。翌日は、東天狗‐夏沢峠‐本沢温泉‐みどり池‐稲子湯と巡った。

本沢温泉近くでカモシカを見た、途中の湿地ではカエルがよく鳴いていた、ツクシが湿地の溜り水の中からつんつんはえていた、みどり池畔の小屋でお茶を頼んで休んだ、松原湖の駅でヤギの餌となるニセアカシアの枝刈りをしていたおじいさんと長話しをした、がらすきの小海線では夫婦差しむかいでツクシのハカマ取りをしたなどなど、このときのことは今でもわりによく覚えている。

本欄をご覧の方々ならば、こんな北八ツの風景など、どこがどこだか先刻ご存知に違いない。ゆえに一々の説明などは、あらずもがなとしておきましょう。

(2015.6)

中、下の写真はクリックすると大きくなります

横山厚夫さんのちょっと昔の山 カラー篇トップに戻る