トーミの頭、黒斑山
    1981(昭和56)年7月12日

望月達夫さん、大森久雄さんとの1泊2日の山旅。

初日は中軽井沢におりて血ノ池地獄、石尊山で遊んでから車坂峠の国民宿舎泊。翌2日目は、トーミの頭、黒斑山、Jバンドと外輪山の尾根を伝ってから湯ノ平高原におり、火山館、不動滝、浅間山荘と歩いた。

今、山の記録帳をみると、前日11日の夕方に激しい雷雨があり、また、この12日に梅雨明けがあったと記されている。



上 トーミの頭で稜線にあがったとたん、あっと驚くのが目の前の浅間山であり、その大きいこと、大きいこと。以後、黒斑山、蛇骨岳と続く尾根道では、浅間山礼賛の声しきりだった。

中 車坂峠の望月さん。背後の白い建物が国民宿舎でお1人様1泊2食付3900円だった。
なお、『山と溪谷』付録の「山の便利帳2013」によると、今日、この宿は高峰高原ホテルと名が変わって、お値段は「1泊2食付11000円〜」だそうな。

下 黒斑山付近の尾根歩きも気分爽快だった。

(2013.3)

中、下の写真はクリックすると大きくなります。

横山厚夫さんのちょっと昔の山 トップに戻る