大岳山
   1970(昭和40)年11月7、8日

大岳山は標高1266.9㍍、山頂部をハーシーのキスチョコ的にちぢめて形よく、奥多摩の名山とも称えられよう。さらには見る方向によって、この絶妙の天辺が右に寄ったり左に寄ったり、あるいは真ん中にきたりするのだから面白い。

このときは大岳山からの東京の夜景を見ようと大岳山荘に泊まり、その少し下にある露岩に三脚をすえて写した。



上 これは40年以上も前の写真だから、現在の東京の夜はもっと明るくなっていることだろう。

中 大岳山山頂からの富士山。

下 大岳山山頂から眺める御前山。右に白く見える線は建設中の奥多摩周遊道路。この南秋川と多摩川の谷を結ぶ車道は1973年に開通し、最初は有料だったが1990年から無料になった。              
      
(2014.1)

中、下の写真はクリックすると大きくなります

横山厚夫さんのちょっと昔の山 トップに戻る