ロゴをクリックでトップページへ戻る

 

 山村正光さんの『車窓の山旅・中央線から見える山』を読んだことが、学生時代以来山歩きから遠ざかっていた私を再び山に向かわせるきっかけになったことはこれまでにも色々のところで書いてきた。

 昨年(2005)暮れに亡くなられた山村さんを偲ぶ会が、さる6月24日、私のロッジで開かれた。葬式帰りの車中ですでに話題になってはいたが、それから半年をへて実現したことになる。言葉はおかしいが、私にとっては思ってもみなかった首尾一貫で、つくづく一冊の本が及ぼす縁をあらためて思ったのだった。

 ご遺族にとっても、出席された生前親交のあった方々にとっても、この半年という月日は長すぎず短すぎずちょうどよかったのではないだろうか。きっと世話人をしてくださった方々のご配慮もあったのだと思う。

 奥様秀子さんと長女聖さんをご招待し、20人ほどの集まりとなった。食堂の中央に、ロッジを始めた年に私の娘と一緒に撮った山村さんの写真を置き、ご著書を並べた。お好きだった清酒谷桜の献杯でにぎやかな宴が始まり、人と山を語って夜おそくまで倦むことなく続いた。

 山村さんに発する人の縁で支えられているような私のロッジだから、出席された方々は以前からの顔見知りばかりだったが、おひとりだけ、『車窓の山旅』で展望図を描かれた藤本一美さんとは初対面だった。
 
 私には買った本に日付を入れる習慣があって、『車窓の山旅』には87年7月8日とある。だから、私としては20年近く前からとうに藤本さんを一方的に存じ上げているのだが、ついにお会いできることになったのは、山村さんによるいわば最後のお引き合わせということになろうか。藤本さんの手になる、同じ実業之日本社の『展望の山旅』やその続、続々編は私の愛読書でもあった。山の展望図から発して、今や鳥瞰図研究の第一人者である。

 私の『車窓の山旅』に山村さんの署名をいただいたのは、購入した翌年の6月、そして今回、藤本さんの署名もその本に入った。おふたりの署名が並ぶのにちょうど18年かかったことになる。
 
 翌日、有志が『車窓の山旅』ゆかりの山に登ろうじゃないかと目指したのが霧ヶ峰の三峰山だった。梅雨時のさっぱりしない朝方の空模様だったので、展望は期待せずに出かけたのだったが、信州に入り、霧ヶ峰強清水に着くころには、レンゲツツジの朱色に点綴された高原の彼方に、日本の屋根と呼ばれる山並みが続々と現れだした。それはとりもなおさず『車窓の山旅』に登場する、山村さん曾遊の山々でもあった。三峰山の頂上では、穂高、槍から白馬岳へと延々と連なる北アルプスの稜線もくっきりと眺められたのだった。山村さんのおかげだと思った。

 日曜日だというのに三峰山の頂上には誰もいなかった。大森久雄さんや横山厚夫さんら『車窓の山旅』誕生に関わった方々と、展望図を描かれた藤本一美さんの解説で山々の同定を楽しんだ。私にとってなんとそれは贅沢なひとときだったろう。

 人と山と本の幸せな一幕である。

ロゴをクリックでトップページへ戻る

ロッジの本と絵のはなし トップへ